用紙を節約する方法

インクとともに印刷時の消耗品といえるのが用紙ですよね。
上質のものでなければそれほど高いものではありませんが、チリも積もれば・・・です。
用紙を少しでも節約する方法を考えてみましょう。

 

縮小印刷を利用する

例えばワードやエクセルなどから印刷する時に、そのままのページ設定で印刷していませんか?
資料などで読めればいいだけ、確認するだけのための印刷なのに、A4を丸々1ページに使っていることはないでしょうか?
パソコンで簡単な設定をするだけで、1ページを何分割にもすることが出来るのです。
一度覚えてしまうと簡単な設定ですので有効に利用しましょう。
例えば4ページ分を1枚にまとめた程度ならば、通常に読む分には問題なく印刷することが出来ます。
また16分割などを利用すると、全体のイメージを確認するためのサムネイルのような印刷をすることが出来ます。
用途によって使い分けるのもそれほど面倒ではありませんよ。
各ソフトから設定することも出来ますが、簡単な方法を説明します。

 

・印刷設定(Ctrlキー+P)→詳細設定をクリックします。
・「追加する機能」という項目がありますので、「2 in 1(2分割)」もしくは「 4 in 1(4分割)」を選択してチェックを入れます。
・OKボタンで終了です。

 

簡単ですね。
印刷プレビューを表示するようにしておくと失敗も無くなりますよ。

 

用紙節約ソフトを利用する

用紙節約をソフトを使って簡単に設定することも出来ます。
同時にインクの節約になる設定が出来るものもあります。
フリーソフトもありますのでいちいち設定するのが面倒な人は検討してみてはいかがでしょう。

 

裏紙を使う

割りと多くの人が実践しているかもしれませんが、一度印刷した用紙の裏側を使う方法です。
確かに用紙は節約出来ますが、この方法には危険も含まれています。
特に両面印刷に対応していないプリンターでは、裏紙使用が故障の原因となる場合もあります。
もちろんプリンターメーカー側も推奨していません。
あくまで自己責任において実行するようにしましょう。
もし裏紙を使うとしても、印刷面が完全に乾いていること、用紙にシワや折り曲がりが無いことは確認した方が良いでしょう。

 

ペーパーレスの時代です。
コストの面からエコの面から考えても印刷に使う用紙は少ない方がいいですよね。
無駄な余白も設定でなくすことも出来ます。
単純に「印刷実行」をクリックする前にワンクッションを試してみましょう。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!