詰め替えインクの使い方

あなたはインクジェットプリンタのインク交換はどのようにしていますか。

 

純正インクが高額であるため、“詰め替えインク”の方を利用しているという方も多いかと思いますし、これから“詰め替えインク”へ変えてみようとしている方もまた多いかと思います。
純正カートリッジがはじめからインクが充填されているのに対して、詰め替えはその都度自分の手で行う必要があるので、「詰め替えインクは使い方が難しい」という声もありますが、実際にはどのような手順で行えば良いのでしょうか。

 

まずはあなたが使用するプリンターに適合する“詰め替えインク”のセットを購入しましょう。
詰め方には「カートリッジに穴を開け補充するタイプ」と「インク排出口からつめるタイプ」などがありますので、インクのみを買うのではなく、いずれの方法を行うためのキットまで含んでいるセットをもとめましょう。

 

使い方はそれぞれの充填方式により異なりますが、最初に穴を開けるタイプであれば、カートリッジ上部に専用の工具で穴を開けて、そこからインクを詰めます。
また排出口から充填する方式では、専用の注射器にインクを入れて排出口に流し込む事になります。
あとはICチップを“リセッター”でクリアするだけですので、使い方はそれほど難しくはないといえます。
どうしても難しい場合にはエプソンの互換インクを利用する方法もあります。純正品と比べても、退色もほとんどありませんし、印刷コストが安いので私は利用させてもらっています。

 

唯一つ気をつけておきたいのは、インクを入れる際にこぼす事がないよう気をつけるという点ですね。
当然ながらインクは染料なので、テーブルや服にこぼすと落ちにくい場合もありますのでご注意ください。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!