互換インクと純正インクの違い

自宅で“インクジェットプリンター”を使用していると、しばらくした後にインクの残量が減りますので交換する必要があります。

 

交換する方法は何種類かあって、まずもっともポピュラーなのは「純正インク」を購入してカートリッジを入れ替えるという方法です。

 

各プリンターメーカーは、機種によりそれぞれ交換が可能な「純正インク」のカートリッジの“型”を指定していますので、前に使用していた物の記号番号をメモに控えて、お店で「純正インク」を購入しましょう。

 

また比較的に高額なプリンターメーカー製の「純正インク」を避けて、割安な「互換インク」を購入する手もあります。

 

メーカー製では無いという不安もありますが、大手家電量販店では「互換インク」が一通り揃っていますので、プリンターの機種にあわせて「互換インク」を購入してみましょう。

 

この「純正インク」「互換インク」の違いは、“メーカー純正か否か”“価格の大小”“品質の違い”などが挙げられますので、どちらを使用したほうがメリットが大きいかは個人の判断によります。

 

またこれ以外では、外部に大きいインク用のタンクを設置して、細いチューブでプリンターのカートリッジに直接インクを供給し続けるという方法もあります。

 

これは主に商用として大量に印刷を行なう場合に用いられる方法ですが、タンクなど大掛かりな設備を置く必要がありますので、初期費用はそれなりの額を投じなければなりません。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!