プリンターのインクの種類について

ご自宅で使用するプリンターは様々な種類があるのですが、インクによっても2種類に分けられます。

 

プリンターのインクには「顔料」と「染料」があり、それぞれに特徴があるのです。普段、インクの種類など考えも及ばない所ですが、プリンターを購入される場合には是非この点も踏まえていただけたらと思います。

 

まず「顔料」とは、印刷する際には色の粒子が紙の表面にとどまり、紙の奥深くまでは浸透しないという特徴があります。
よくある“にじむ”という現象は、紙に水が浸透して紙内部で水とインクが交じり合うことで発生するため、「顔料」は紙の表面で留まることにより耐水性が強いといった特徴があります。

 

また「顔料」は光を受け続けても色褪せしにくいといった特徴もありますので、主に屋外のポスターなどで使用されることが多くあります。
一方で「染料」は溶液全体に色が付いており、「顔料」のように紙の表面で留まることは無く、紙の内部まで色が浸透します。
そのため色がきれいにも得るという特徴があり、発色が良く写真などの画像をしっかりと再現させることができます。

 

ただ「染料」の場合は紙内部へ浸透するため、水と接触すると紙内部で色素と混じりやすく、すぐににじんで周囲に色が広がるという特徴があります。
最近ではデメリットを少なくさせようとする技術も開発されていますが、プリンターを見比べる際にはよくご確認下さい。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!