HP ENVY110 CQ812Cのインク

 

  HP ENVY110 CQ812Cのインクが60%OFFで買える!互換インクの紹介

 

 

HP ENVY110 CQ812C#ABJは、日本ヒューレットパッカードのプレミアムモデルとして知られるENVYシリーズの新機種となるオールインワンタイプのインクジェットプリンターで、2011年11月に発売されたこのモデルは、スタイリッシュなモデルとして人気を博す同社のENVY100 CN517C#ABJの後継機種となるプリンターです。
機能美を感じさせる無駄のないすっきりとした薄型デザインは、インテリアの一部としてリビングルームなどで華やかさを演出することができ、3.45型液晶画面を備えた前面開閉式パネルとベストマッチングする、プリンターとしては類いまれなアーモンドホワイトのカラーリングが斬新な印象を与えています。

 

ENVY110 CQ812C#ABJの基本性能には、A4サイズのカラー印刷を毎分約4.5枚、モノクロ印刷を毎分約7枚とする印刷速度のほか、最高解像度4800×1200dpiを誇るプリントヘッドの搭載や両面自動印刷機能、スキャニング機能やコピー機能などの装備が挙げられますが、これらの基本性能を快適にサポートするスマートフォン向け機能の強化や省エネ、無線LANへの設定機能が充実している点に、このモデル特有の進化を見ることができるのです。
スマートフォン向け機能の強化では、新たに開発したHP ePrint Home&Bizと称するスマートフォンやタブレット端末専用のアプリケーションソフトウェアの採用によって、これらの端末からENVY110 CQ812C#ABJへのダイレクト印刷がより手軽に行なえ、印刷できるデータファイルも特殊ファイルを除いて、ほほ全てに対応可能としています。

 

ENVY110 CQ812C#ABJの省エネに配慮した機能においては、アイドリング時間が2時間継続された時点で、電源が自動オフとなるほか、電源再投入後の立ち上がりにおいてもスムーズな動作を実現しています。
無線LANの装備では、オールインワンタイプのプリンターで標準化となりつつある無線LANをだれでも簡単に接続設定できる機能へと改良が施されており、WPS対応に準じた接続設定を付属のソフトウェアで全てカバーすることができるのです。

 

ENVY110 CQ812C#ABJの純正インクは、マゼンタ・シアン・イエローの3色の染料カラーインクが1カートリッジに収まったHP121カラー(型番:CC643HJ)と顔料インクを使用したHP121ブラック(型番:CC640HJ)の2カートリッジで編成されており、これらのインクの組み合わせによって、発色に優れた鮮やかな色合いとレーザープリンターと同等のシャープな画質を表現します。