インクの再生品って?

プリンターのインクカートリッジが比較的に高額であると嘆く声がよく聞かれます。
そうした方がどうにかして安い物はないかとネットで検索をかけて見ると、純正品のカートリッジ以外にも様々な商品があルことに気が付かされます。

 

互換詰め替えインク」などは一般的になってきましたが、それ以外にも「再生品・リサイクル品」などといった商品もあり、興味を持った事があるという方も多いのではないでしょうか。
この「再生品・リサイクル品」は双方とも同じ物で、販売店により多少は名称が異なりますが、いずれも使用した後の空のカートリッジにインクを再充填したもので、メーカーの純正品と比べるとかなり低額で販売されています。

 

カートリッジは同じで中身だけ充填していますので、その分だけ製造コストが安くなるというのがポイントとなり、それは販売価格の違いとしても現われているのです。
安いということは良い事ですね。最近ではこちらにシフトしているユーザーも非常に多くおります。
ただ一つ注意しておかなければならないのは、販売店で充填しているインクの品質の問題で、純正品とは異なりますからしっかりと作られた物か否かはまったく分らないといえます。

 

これまで「再生品・リサイクル品」などを長く販売している実績なる店舗ならある程度は安心できますが、よく素性が分らない業者で購入するのはあまりお勧めできません。
インターネットにもエプソンの互換インクを取り扱っているお店もありますので、参考にしてみてください。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!