詰め替えインクのリセッターとは

家庭用のインクジェットプリンターは、使用する中で消耗備品の補充が必要になってきます。

 

まず一つは印字するための用紙ですね。一般的なコピー紙以外にもコート紙や光沢紙などもあって、利用目的によりそれぞれを使い分けます。

 

いずれの用紙も非常に安価に購入することができますが、一方でインクカートリッジは非常に値段が高く、以前より「詰め替えインク」にシフトする方が非常に増えています。

 

この「詰め替えインク」は、インクを消費したカートリッジに自らの手で新たにインクを充填するもので、新しいカートリッジと比べると格段に安い価格でインクを使用することができます。

 

ただ最近のカートリッジの場合は、カートリッジにICチップがはめ込まれてインクの残量を管理しているため、単に「詰め替えインク」を充填するだけではプリンターが認識せず、動かせない状態になっているのです。

 

では「詰め替えインク」を充填したカートリッジを使用するためにはどうすればよいのでしょうか、その際に“リセッター”と呼ばれる機器が大きな役割を負います。

 

この“リセッター”にはICチップに記録されている内容をリセットする働きがありますので、一度使用し終わったカートリッジでも再生させることができて、その後に何度でも使用することができます。

 

こうした“リセッター”は何か法に触れるというわけも無く、ネットでは盛んに販売されていますので、あなたも購入されてはいかがですか。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!