互換インクとリサイクルインクはどう違うの?

プリンターの純正インクは高いと思う人!

プリンターの純正インクって高いですよね。
最近では自宅で印刷をする機会が増えている人も多いでしょうが、あのインクの高さを考えるとなかなか気軽に印刷する気にもなれないですよね。
今やスマホで撮った写真をそのまま無線でプリンターから印刷出来る時代です。
機器はどんどん進歩しているのに、その便利さをインク代に邪魔されているような気分になってしまいます。

 

そこで消費者は違う選択をすることが出来る時代でもあるのです。
純正インクでなければ印刷出来ない訳ではないのです。
純正インクの代替品として「互換インク」と「リサイクルインク」の存在があります。
「純正インクより安いのは分かるけど何が違うの?」という人のために、それぞれの特徴をご説明します。

 

互換インクとは?

純正インクというのはプリンターの製造メーカーが作った商品です。
それに対してプリンターメーカー以外が作った商品で、なおかつそれぞれのプリンターに対して互換性のあるものを互換インクと呼んでいます。
様々なメーカーが製造していますので、品質や価格競争が生まれています。
品質に関しては純正インクの95〜97%程度の高品質であるといわれています。
さらに価格は半額以下という格安な料金で手に入れることが出来るのです。
リサイクルインクと違い、完全な新品商品であることも特徴のひとつですね。

 

リサイクルインクとは?

一方のリサイクルインクとは、その名の通りリサイクルされた部品を使用して作られたものです。
インクカートリッジのケースや内部のスポンジなどは中古のものをリサイクルして使っています。
とはいえリサイクルするのには意外と費用がかかるため、互換インクほどは安くないのが現状です。

 

互換インクとリサイクルインクどっちがいいの?

まず価格の面でいえば互換カートリッジに軍配があがるでしょう。
純正の50%以下は当たり前、8割引きもの低価格のものもあります。
ただし中には粗雑な商品もあるため単純に値段だけで選ばすに、よく売れているリピーターの多い商品を選ぶのがコツです。
またリサイクルインクは、簡易包装になっていたりとエコの面では特に優れています。
インクを激しく消費するのであれば、環境のことを考えたインク選びも良いですよね。

 

互換インクもリサイクルインクも品質的にはそれほど変わりはありません。
以前は純正インクに比べると明らかに粗末な印刷具合になるようなものもありましたが、現在ではよっぽど高密度な写真印刷でなければほとんど違いが分からないほどです。
やたらと高い純正インクを使っていることに何となく疑問を感じているのならば、互換インクやリサイクルインクという選択肢もあるということを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!