PX-7Vのインク

 

  EPSON カラリオ PX-7Vのインクが60%OFFで買える!互換インクの紹介

 

 

2011年9月に発売のEPSON PX-7Vは、エプソンのカラリオシリーズのプリンター中で、四切とA3ノビに対応する単機能インクジェットプリンターで、プロフェッショナルユースに向けたこのモデルは、光沢顔料インクを使用して注目を浴びた同社のPX-G5300の後継機種に位置付けされています。
写真印刷における美しさにこだわったPX-7Vは、先代が残した光沢顔料インクを受け継ぎ、新たに採用されたグレー系のグロスオプティマイザインクやブルーインクが、青色本来の特徴となる深みや輝き、涼感などと言ったさまざまな一面を的確に再現することができ、他社に先駆けて実用したオレンジインクが、イエローインクとの融合によって繊細で表現豊かな高い階調を再現することができるのです。

 

美しい光沢を実現するPX-7Vの印刷技術においては、独自に開発したピエゾ素子を搭載したプリントヘッドを採用し、ピエゾ素子特有の圧電効果を利用したインクの吐出方法によって、樹脂でコーティングされた顔料インクの粒子の一粒一粒を確実にコントロールしながら、偏りのない均一な吐出を可能としています。
また、きれいな画質を実現する高画質技術では、LCCSと称する論理的色変換システムを採用し、1シーンごとに異なる画質を有する画像データに対して、常に最高レベルの画質が生成できるインクの組み合わせやインクの使用量、階調性やカラーバランスなど決め、ベストコンデションとなるカラーの最適化に対応しています。

 

有線LANや無線LANに対応したPX-7Vは、本体とパソコンをワイヤレスで接続することで、自宅やオフィス内の離れた場所から印刷が手軽に行なえるほか、無線LANの環境が整っていれば、複数台のパソコンを共有して印刷することも可能となります。
さらに、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンやタブレット端末、無線LANに対応した携帯電話からのダイレクト印刷も可能で、各端末機器のWi-Fiネットワーク内に存在するデータをPX-7Vが自動認識し、ネットワーク上の写真アルバムに保存されている画像データを簡単に印刷することができるのです。

 

PX-7Vの純正インクは、マゼンタ(型番: ICM66)・シアン(型番: ICC66)・イエロー(型番:ICY66)・ レッド(型番:ICR66)・ オレンジ(型番:ICOR66)・ブルー(型番:ICBL66)・グロスオプティマイザ(型番: ICGL66)・フォトブラック(型番:ICBK66)・マットブラック(型番:ICMB66)の9色で、インクカートリッジは長期使用が可能な増量タイプのインクカートリッジを使用しています。
PX-7Vでは、印刷時のインクの濃度ムラを防止する攪拌機能を標準装備しているため、常に安定した色を表現することが可能となるほか、独自に採用したインクカートリッジのチェンジャー機能によって、ブルーインクとマットブランクインクを使い分けることができます。