PX-5Vのインク

 

  EPSON カラリオ PX-5Vのインクが60%OFFで買える!互換インクの紹介

 

 

EPSON PX-5Vは、カラリオシリーズのプロフェッショナル向けモデルとして、2011年2月にエプソンから発売されたA3ノビ対応のインクジェットプリンターで、2008年6月に発売されて好評となったPX-5600の後継機種となる単機能タイプのプリンターです。
多色インクの中で最多の色を有する顔料K3インクと呼ばれるインクは、計4種類のブラックインクとグレーインクのマッチングによって、グレースケールにおけるグラデーションや色の精度を格段に向上させるほか、5色のカラーインクが、カラーの安定性を緻密にサポートしながら偏りのない高品位なカラーバランスを表現し、ユーザーが望む真の作品に仕上げることができます。

 

PX-5Vに採用した高画質技術では、画像データの基礎に相当するデータテーブル生成の際に、高画質印刷に不可欠な階調性やカラーバランス、インクの粒状性や光源依存性などの要因を考慮しながら、的確なインクの組み合わせを自動で算出するLCCSと称する理論的色変換システムを装備しており、印刷時における安定した品質を維持しています。
LCCSは、PX-5Vの高品位印刷を支えていると言っても過言ではなく、8色のインクで構成される1,840,000,000,000,000,000通りと言った驚異的な組み合わせによって、1データごとに異なるさまざまな画像データの要因を補正しながら、常に次元の高い画質を実現しているのです。

 

PX-5Vの操作性においては、操作のしやすさで評判のLCD操作パネルを搭載し、インク残量のモニタリングやさまざまな設定を可能にしたほか、本体前面に配された給紙トレイがL判やA4、四切やはがき、A3などの幅広いサイズの用紙セットをスムーズに行わせます。
また、フロントローディング方式を採用したDVD/BDレーベル印刷機能では、本体の内部に光学センサーを装備することで印刷前のディスクの位置補正を的確に行ない、高精細モードによるきれいなレーベル印刷を楽しむことができます。

 

PX-5Vでは、有線LANや無線LANにも標準対応していることから、本体をパソコンの近くにセッティングすることなく印刷することが可能で、無線LAN対応の携帯電話によるワイヤレス印刷も手軽に行なえます。
さらに、PX-5Vのインターフェース機能においては、パソコン接続用のUSBポートを本体の背面に1ポート、PictBridge用のポートを前面に1ポートそれぞれ搭載しているため、パソコンによる印刷はもちろんのこと、デジカメからのダイレクト印刷も実現可能となっています。

 

PX-5Vの純正インクは、ビビッドマゼンタ(型番:ICVM64) ・ビビッドライトマゼンタ (型番:ICVLM64) ・シアン(型番:ICC64)・ライトシアン(型番:ICLC64)・ イエロー(型番:ICY64)・グレー(型番:ICGY64)・ライトグレー(型番:ICLGY64)・フォトブラック(型番:ICBK64)・マットブラック(型番:ICMB64)の9色で、新たに採用されたビビッドマゼンタとビビッドライトマゼンタの2色のインクが、再現が難しいとするブルーやバイオレットの色を忠実に表現し、オリジナルに最も近い色で確実に表現します。