PX-1600FC9のインク

 

  EPSON PX-1600FC9のインクが60%OFFで買える!互換インクの紹介

 

 

EPSON ビジネスインクジェット PX-1600FC9は、エプソンが2012年1月に発売したビジネスユース向けのA3ノビ対応となる複合タイプのインクジェットプリンターで、コピーやスキャナー、ファックスを含めたマルチな機能が、すっきりとしたボディーに集約されています。
PX-1600FC9は、さまざまなビジネスシーンで求められる基本性能に対応したモデルに仕上がっており、A4サイズのカラー印刷1枚あたりのランニングコストを約7.3円に抑えたり、高速印刷や高い利便性を有するさまざまな機能によって、高いパフォーマンスを見せています。

 

PX-1600FC9では、スムーズな給紙作業をサポートする大容量タイプの給紙トレイが本体の前面に設けられており、用紙補給の手間が大幅に削減できるほか、新たに開発された高速マッハヘッドが、一度に吐出するインクの量や吐出回数を格段に向上させることから、毎分約34枚の能力を有する高速印刷が実現可能となるのです。
高速マッハヘッドは、顔料インクによる高品位なカラー印刷を実現するプリントヘッドで、顔料インクを微細な間隔でムラなく均一に噴射することで対候性に優れた、にじみの少ないきれいな印刷を行なうことができます。

 

PX-1600FC9に採用されたブラックインクは、長期に及ぶ印刷などで実力を発揮する大容量タイプのインクカートリッジを使用しているため、モノクロ印刷における大量印刷も可能としています。
また、PX-1600FC9に搭載されている黒だけモード機能は、印刷中にカラーインクの残量が限界値以下になった場合でも、ブラックインクによるモノクロ印刷が継続して行えるものとなっており、最長5日間はインク切れによる動作停止を回避できるのです。

 

有線LANや無線LANのインターフェースを標準装備したPX-1600FC9は、パソコンによるワイヤレス印刷やスマートフォンなどの端末機器からダイレクトに印刷することが可能で、無料のプリントアプリケーション「Epson iPrint」をインストールすれば、Wi-Fiネットワーク内に存在するデータファイルをPX-1600FC9が自動認識して、端末機器から写真やドキュメントの印刷とスキャンが行なえます。
PX-1600FC9のスキャナー機能では、A3サイズまでの原稿のスキャニングが可能で、コピーやスキャニングによって取得したデータは、PDF形式またはJPEG形式のファイルでメモリーカードに直接保存することができ、さまざまなメモリーに対応したカードスロットも充実しています。

 

ファックス機能を装備したPX-1600FC9は、パソコンで作成したファックス原稿を相手先のファックス機へ直接送信できることから、ペーパーレスによるファックス送信が可能となります。
さらに、PX-1600FC9では、ファックス送信が終了した時点でその履歴を残したり、パソコンによるファックス受信も可能となるため、効率の良いファックス業務が遂行できるのです。

 

PX-1600FC9の純正インクは、マゼンタ(型番:ICM65)・シアン(型番:ICC65)・イエロー(型番:ICY65)・ブラック(型番:ICBK61)の4色で、普通紙でも実現可能となる鮮明なカラー印刷には定評があります。