詰め替えインクを使っていて故障した場合

最近ではパソコンの普及と共にプリンターを購入する方も増えましたね。販売店によってはパソコンとプリンターをセットにした特別価格で販売している場合もありますので、お持ちの方も非常に多いかと思います。

 

このプリンターは大手4社でほぼ寡占状態にある少し変わった製品で、いずれも「本体は安くインクカートリッジの後売りで儲ける」という路線であるため、最初は安くても使っていて後々に費用がかさんでしまいます。

 

そうした時に使えるのが“詰め替えインク”で、空になったカートリッジに安いインクを詰め替えて何度でも使用できるので、大変に人気を集めています。

 

ただこの“詰め替えインク”はプリンターとは別の会社が製造しているため、使っていて故障してしまう場合もあります。

 

なぜ使っていて故障してしまうのか、これはインクの品質や、使用しているプリンターに適合しやすいかといった問題点がありますので、やはりメーカー純正で無い場合はそれなりのデメリットがあるのです。

 

では故障した場合に「インクメーカー」は何か保証してくれるのでしょうか。この対応についてはメーカーにより様々で、「対応はするが修理はしない」というのが不文律として存在するように思えます。

 

また「プリンターメーカー」の方はこうした事例では補償の対象外となってしまうため、それでも修理するというのであれば、新しいプリンターを購入した方が安く住む場合もあります。

 

しかしプリンターの故障では、インクに関係したものはそれほどに多くないといいますから、“詰め替えインク”であっても一定の高い品質は保たれているようです。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!