互換インクは故障の原因?

やっぱり不安?非純正インク

プリンターのインクの高さには辟易していても、やはり純正以外のものを使うのには不安がありますよね。
「目詰りや紙詰まりの原因にならないだろうか?」
「印刷品質が落ちてしまうのでは?」
「液漏れしたりしないのかな?」
それより何よりも「プリンター自体が故障してしまわないだろうか?」という大きな不安があることかと思います。
本体自体は安くなったといってもそこそこの値段はするものですから、インク代を節約したおかげでプリンターを買い換えることになっては元も子もありませんよね。

 

互換インクを使うことはプリンターにとって本当によくないことなのでしょうか?

 

あくまで自己責任

基本的にプリンターのメーカーは純正インクの使用を推奨しています。
保証期間内であっても互換インクを使用したことによる修理等は有料になります。
「互換インクを使っちゃダメ!」とは言っていませんが、「使ったことによる故障は知りませんよ」と言っているのです。
当然メーカーは使用するインクに合わせて最適なプリンター作りをしています。
純正インクを使うことがその機器の最高のパフォーマンスを引き出すことに疑問の余地は無いでしょう。

 

その一方で純正インクのあまりの高さには消費者として納得出来ない部分も多くあります。
「インクの原価っていくらなの?」「本当に適正価格なの?」
そんな疑問の答えのヒントになるのが互換インクの存在です。
互換インクは純正インクの3割〜5割り程度の価格で販売されていますよね。
純正インクの成分に、互換インクとそれほどの価格差が生まれるものが含まれているとは考えられません。
まず考えられるのはインクの開発にかかる費用でしょう。
次いで考えられるのがプリンター本体の価格の安さです。
この辺りの利益の穴を埋めるための純正インクの価格、といった見方が出来るのではないでしょうか。

 

メーカーの思惑は私たちには分かりませんが、互換インクを使ったことによる故障は完全に自己責任になります。
万が一互換インクが原因でプリンターが故障した場合は、素直に有料で修理することになるでしょう。

 

口コミを参考に!

しかし本当に互換インクが原因でプリンターが故障することがあるのでしょうか?
プリンターのような機器が故障する原因は、それぞれ使っている人の環境や使用方法に左右されます。
ここは実際に使っている人の口コミが大いに参考になるでしょう。
互換インクに関する口コミはネット上などでも沢山挙げられていますよね。
「互換インクのおかげでプリンターが故障した!」という意見を探してみるもの参考になるでしょう。
意外と「何の問題もなく使っています」という意見が多いことに気づくと思いますよ。

 

ここで私も口コミのひとつとして参戦したいと思います。
我が家のプリンターは購入時から一年程度は純正インクを使っていました。
しかし仕事用で使ったり写真を印刷したりと使用頻度は高いために、純正インクは高いなあと感じていました。
そこでリサイクルインクに乗り換えたのですが、使用に全く問題なく少しコストをカットすることが出来ました。
さらに互換インクの存在を知り、本体の保証期間も過ぎていたので試しに導入してみたのです。
印刷上に大した変わりもなく、目詰りしたり液漏れすることもなく使用することが出来ました。
あれからもう数年が経ちますが、未だに何のトラブルもなく元気に稼働中です。
結果的に年間数万円のランニングコストのカットに繋がって大満足しています。

 

いかがでしょうか?
もちろん個人の感想なので使用感は人それぞれだと思います。
互換インクに躊躇している人は、より多くの人の意見を参考にしてみてはいかがでしょう。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!