プリンターでインクが出ない時の対処法

プリンターでインクが出ない時の対処法

インクジェット式のプリンターでインクが出ずにうまく印刷出来ない、印刷がかすれるといった場合に考えられる原因は二つです。
まずはインク切れの場合、もうひとつはプリントヘッドの目詰りです。

 

○インク切れについて
プリンターはインクの残量を検知してくれますが、この残量を検知する方法は二つあります。
一つはプリンターの内部にセンサーが付いていて実際のインクの残量を調べている場合です。
もう一つはインクカートリッジに付いているICチップでインク残量を管理している場合です。
ICチップの場合、実際のインクを調べている訳ではありません。
「今まで何回インクを使ったか」ということから残りのインクの量を計算しているのです。
使用状態によって誤差が生じている場合もあります。
「残量ゼロなのにまだ印刷出来るなぁ」と感じたことがある人も多いでしょう。
逆にまだインクはあるはずとされていても、実際のインクは無くなっていることもあります。
薄くなったりかすれているような場合、実際のインクは残り少ないサインとなります。
インクが無くなったまま使い続けるいわゆる「空刷り」状態はプリントヘッドの消耗を早めますので注意しましょう。

 

○プリントヘッドの目詰りについて
インクが出ない、かすれる場合にはプリントヘッドの目詰りの可能性が高いです。
「ヘッドクリーニング」をすることによって解消される場合が多いので是非試してみましょう。
ヘッドクリーニングの方法はプリンターのマニュアルに記載されていると思います。
また、パソコン上のプリンターのプロパティ画面の「ユーティリティ」内からも実行することが出来ます。

 

・ヘッドクリーニングの注意点
ヘッドクリーニング自体が相当量のインクを使用します。
そのためインクの残量が少ないと上手くクリーニング出来ない場合があります。
また2〜3回クリーニングを実施して、しばらく時間を置いてから再度実行すると効果が出来る場合もあります。
プリントヘッド目詰りはインクが固まって起こることが多いので、ヘッドクリーニングの熱によってインクが溶けて解消されることもあるのです。
焦らずに対処しましょう。

 

・ヘッドクリーニングでも直らない目詰りの場合
ヘッドクリーニングでも直らない目詰りを解消する裏技もありますが、効果のほどや機器への影響を考えると素人がやるのはあまりおすすめ出来ません。
それでも!という人はヘッド自体を掃除してみる手もあります。
ティッシュにぬるま湯を付けて拭いたり、専用の洗浄液を使用すると解消されることもあります。
しかしあくまで完全自己責任で挑戦して下さい。

 

・目詰りさせないために
万が一完全に目詰りしてしまった場合にはプリントヘッド自体を交換しなければならなくなります。
目詰りを防ぐためにも週に一度程度は印刷をした方が良いといわれています。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!