互換インクの品質について

ご自宅にパソコンと共にプリンターを置く方が増えてきました。

 

パソコンを利用していると様々な場面でプリンターは必要になり、例えばお店の割引チケットを印刷したり、目的地までの地図を印字したり、また年賀状を印刷する方も非常に多いですね。

 

様々に活用するプリンターですが、使用する中でインクが減少してくるとインクカートリッジ交換が必要になります。

 

たいていの方はここで気がつくことになるのですが、各プリンターのメーカーが発売している「純正インクカートリッジ」は非常に高いもので、1色のカートリッジでおよそ1000円前後はすることになります。

 

4色購入すれば4000円以上の出費となりますから、かなり痛いですね。そうした時にネットで調べてみると「互換インク」なるものが見つかります。

 

この「互換インク」は、各メーカーや機種に合わせた格安のカートリッジですので、物によっては純正品の半額以下になる場合もあります。

 

最近では純正品を避けて「互換インク」を使用する方も多くなりましたが、一つ注意していただきたいのは、この「互換インク」はプリンターのメーカーが発売したものではないという点です。

 

インクは各メーカーや機種によって成分の配合率や色の濃さなどがまったく異なりますので、当然ながら品質にも大きな差が出てきます。

 

インクの品質によっては、プリンターのインクを排出するヘッドの部分がが故障する原因にもなりかねませんので、どのインクメーカーが販売しているのか、また品質について保証があるのかなど注意してみておく必要があります。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!