カラリオプリンターPX-437Aの互角性インクが割と質が良かった

カラリオのプリンターを半年くらい使用していました。

 

それまでキャノンのプリンターを使用していましたがもっとコンパクトなサイズがないかと探してカラリオのプリンターを使用するようになりました。
カラリオの純正と互換性インクを使用した比較と感想を述べたいと思います。
純正のメリットとしてはメーカーのブランドのインクという事もあり安心感がある点とやはり印刷した時の質がとても良い点です。写真の印刷も綺麗で普通のA4サイズのコピーやカラー印刷などもとても良い点です。

 

デメリットとしては毎日使用しているとインクの減りがすごく早くそしてトータル的にコストがすごくかかる点だと思います。
自分は、印刷を頻繁に行うことがありインクの減りもすごかったために多少印刷の質が下がってもコストを下げれたら良いなと思っていました。
もちろん質が下がりすぎて出したい色と大幅に違っていたら嫌だなと思いある程度の品質を保った上でコストを下げていきたいなと思っていました。
そこで互換性のインクはどうかなと思いました。互換性のインクがあることは前から知っていましたが不安もありました。それは、安いとは聞いていましたが印刷の質が著しく落ちないかと不安でした。

 

ただの白黒コピーであればそんなに変わらないと思いますがカラー印刷だと色の違いや耐水性、鮮やかさなどがかなり違うのではないかと思っていました。
実際にカラリオに対応するインクを購入して試してみようと思い、もし使用して良くなかったらこれからも純正のインクを使用しようと思っていましたが使用したところ多少の色の変化はありましたがそこそこの質の良い色が出せたので満足しています。今後も使用しようと思います。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!