エプソンのPM-A840の互換インクを使ってみて

 ウィンドウズ95の時代からパソコンを使っています。一番最初に買ったパソコンは富士通のノート、プリンターはキャノンでした。自費で買ったパソコンやプリンターでしたが、実際には仕事の資料作りなどで活躍していました。その後いろんなメーカーを変遷し、今現在パソコンはHPのノート、プリンターはエプソンのPM-A840を使用しています。

 

 現在は仕事で自分のパソコンやプリンターを使う事はありません。もっぱらプライベートでの使用ですが、それでも週に一回はプリンターを稼働させています。競馬が趣味で、ホームページの馬柱を印刷するからです。他にも雑用で少々、また年に一度は年賀状の自作でも使っています。

 

 プリンターをそこそこ使うとインク代は悩みのタネです。初代のキャノンの頃は純正品しか店頭になく、最安値を求めて何店舗も探し回ったものでした。その後3代目のプリンターを使った頃で2000年を過ぎたあたりだと記憶していますが、店頭に互換インクなるものを見つけたのです。当時は互換インクの情報が乏しく、実際に使用しても大丈夫なものか不安だった為に購入をためらっていました。

 

 その後2000年代半ばころ、互換インクも何社かのものが同時に店頭に並ぶようになり、ネットの口コミも出るようになったので購入することにしました。今のPM-A840に至っては、新品時以外は全て互換インクを使用しています。使ってみて思うのは「純正品と差がない」という事です。価格が半値くらいで買えるのでかなりお得です。デメリットとして思い浮かぶのは、万が一それが原因で本体に故障が発生したら自己責任になる事くらいです。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!