エプソン PM-G720の互換インクは超コストパフォーマンス

エプソンのプリンターは相当普及しているが、純正のインクは量販店でも6色で4,5千円もする。

 

普段はたまにとる写真印刷用でしか使わないので年末の年賀状シーズンが主な消費タイミングとなるが、大体1年で1.5回くらい交換することになる。よってあまりインク残量を気にせず思い切って印刷してみたいと思うようになり、今から3年ほど前に互換インクの可能性を検討することにした。ネットでいろいろ調べてみると、複数の通販会社が取り扱っているのが分かった。

 

ただひたすら驚いたのがその値段設定だ。純正で1セット4千円するものがなんと200円台から売られているのだ。あまりの価格の違いに信じられない思いがしたのだが、この金額であればだまされたと思ってトライしてみるのもありかと思った。でも一番やすいのはやはり気が引けたので2番目に安いものを選択した。それでも3セットで980円、郵送だが送料無料だった。

 

発注してからも2日目で届くという納期の短さにも感動した。届いてすぐにトライしたが、若干不安に思ったのがカートリッジの形状が純正と異なっており、カチッという具合にプリンタ本体に収まらない点だ。何とか起動してテスト印字してみると一部色が擦れる症状になった。結局何度か試し打ちをしているうちになんとか全色出るようになったが、どうもインクの粘度が純正に比べて低い感じだ。

 

水っぽいというか薄いということなのだろう。相当テストを繰り返したため、インクが3分の1くらい消耗してしまった。いよいよ写真印刷をしてみるとなんと不安をよそにそこそこきれいに出力することができた。

 

若干艶がないのは仕方がないが、スナップ用や年賀状レベルではぜんぜん問題ないと思う。

 

このコスト差を埋めるほどの純正選択理由はないだろう。一点注意が必要なのはあまり使わないのに装着したままだと純正に比べて目詰まりなど起こしやすいので半年程度で交換が必要と思われる。よってどんどん印刷で消耗することをお勧めする。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!