エプソンのPM−A700の互換インクは進化している?

10年以上使っているプリンターがエプソンのPM-A700です。当初は年賀状印刷や子どもの写真印刷など頻繁に使用していました。当然インクの消費も早く、IC32シリーズのブラック、マゼンダ、イエロー、シアンの4色をセットで購入していました。

 

しかし当時は5000円くらいしたので結構負担に感じていました。
そんな時にネットで互換インクというものがあることを知りました。同じ4色セットでも値段は2000円もしなかったと記憶していますが、とにかくこんなに安いならと早速ネットで注文しました。印刷した色は純正とほとんど変わらないキレイさで「これはいい買い物をした」と喜んでいたのですが、ある日インクの消耗が異常に早いことに気付きました。

 

それは純正の半分から酷い時はブラックが数回使用しただけで切れてしまったこともありました。また使用しない期間が長いと固まって印字出来ないこともありました。

 

やはり安いだけあってその程度の品質か、と思いしばらくは互換インクの使用を止めました。

 

それが5年程前だったと思います。しかし先日100円ショップで同じプリンターの互換インクを売っているのを見つけ、100円なら損はないかな、と思って購入したところ非常に品質が良くて驚いています。

 

印字もキレイだし以前のように消耗が早いということもありません。これなら4色セットで買っても500円未満、10年前の10分の1程度の値段です。

 

ただ写真を印刷していないので、本当の品質はどうなのか分かりません。しかしイラストや文字の印刷程度ならこの100円の互換インクで何も支障がありません。プリンターの使用頻度が高くない者にとってはインクが安いに越したことはないので、今後も互換インクを使用すると思います。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!