エプソン(インクジェットプリンター)PM-740DU

互換インクを使ってみようと思う前に、我が家の立地条件の都合があった。何のこと?といわれても、これは事実。インクの『品揃えの豊富な』店に行くには、少しばかり、我が家は不利。だから、初めは互換インクどころか、該当のエプソンインクが手に入りさえすればいいかなぁ、などと考えてた。

 

そもそもこれが大きなきっかけ。入手しさえすればと徒歩でいける店へ直行。そこはカメラから、印刷グッズから、プリンタインクもほどほどにそろえてはいた。でも、買ったらこれが・・・高かった!

 

なんで?どうして?数色セットじゃないとだめだから?黒インクとカラーインクの数色は、別々に買わないとだめでしょ?合計おいくらよ?お金払って後の祭りだったが、「高い!やだ!」の気持ちは変わりません。当然、「もっと安いの、ないかなぁ・・・。」「少々遠出でも、デッカイ店、いくつか回ってたら・・・。」といつも探すようになりました。しばらくして、大きなお店で互換インクの存在を知った。このようなインクがあることに、(いや正直にいって)値段の安さにうれしくなった。

 

でも、心のどこかで〜こんなにお手ごろの品が出てくるなんて・・・と何か不安。良くつくってあるけど、材質を悪く落としているのでは?と考えてた。まあ、リサイクルインクってことだろう。中身さえつめておけば使えるよーってことだねと解釈して、買いました。

 

でも、この一回目購入のプリンタインクは良かった。こちらも心がけよくプリンターPM-740DUをよくメンテナンスしていたけど、プリンタインクも良かった。プリンタ操作でノズルチェックやテストで、色出しても何も問題なし。発色が綺麗といいたい所だけど、実情はそんなことよりとにかくスムーズな使い心地だった。

 

ほっとして色々、プリントアウトした。でも、2回目に購入した互換インクはいただけなかった。売れ残りの互換インクを系列他店に移動させて、そこへ自分をまた安いのがここにも!!!と思わせ、飛びつかせた。どうみても同じ条件下の使用なんだが、互換インクの状態がおかしい。あまり使えなかった。

 

生産出荷から時間の経過、製品再輸送でどうなったのか。互換インク、もうちょっとだけ改良してくださいね。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!