PM-A840Sの互換インクは違和感なし

昨年末、年賀状の作成をしていて試し刷りをしようとしたら「インクがそろそろなくなります。」的な表示が画面に出てきました。以前から純正のみのインクを利用していて、インク代って高いなあ。と普段から思っていました。普段はホームセンターで購入しますがNETで購入すれば少しでも安くて手に入るかな?とい思いパソコンで検索しました。プリンター名とあわせてインクと文言を入力したら互換インクという言葉が検索結果にでてきました。そのとき始めて互換インクの存在を知りました。店舗まで出向く必要もありませんし何より低価格で手に入るのが魅力的でした。

 

あまりに安いし、純正と比べてもあまり差がありませんと文言はありましたので、わざわざ断りの文言を入れるってことはそれなりにこちらも覚悟が必要なんだなと感じました。

 

利用してみて若干暗いというか発色が悪いかな?とは感じましたが違和感は感じませんでした。冒頭でも書き込みましたが、年賀状作成の為に購入するしました。家族の写真をメインにする年賀状でしたので、年賀状をもらった相手方の年賀状の中には自分は作成せずに業者に頼んで年賀状を作成する方の年賀状もあるはずです。そういった方の年賀状と比べた時にはきっと発色の悪さに気づくだろうなと、年始に年賀状をもらった時に思いました。

 

トラブルは今のところありませんし、純正の時となんら変わりなく利用を続けています。やはり価格が安いのでこのまま互換インクを利用する機会が増えるんだろうなと感じています。互換インクを利用して失敗したという話も聞きません。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!