カラリオEP-803Aの互換インクは沢山印刷はできるが画質の耐久性はありません

私の自宅のプリンターは長年カラリオEP-803Aを使用していて、ペットの写真印刷が趣味だったので、故障を避ける意味合いもあって、純正インクのみを以前は使用していました。

 

しかし最近止む無く失業になり、1人生活で少し生活が苦しくなってきたので、インク代も節約を余儀なくされ、初めて互換インクを取り寄せる事にしました。
それに私のプリンターはもうメーカー補償期間も過ぎていたので、互換インクを使用してもデメリットばかりでもなかったので、多少のプリンターの目詰りも覚悟しながら使ってみました。

 

早速愛猫や犬などの写真を目一杯印刷してみましたが、最初の50枚弱まではインクの鮮明さは純正のものと変わりなかったように思いますが、その枚数以降は徐々に色の劣化が始まる感じです。

 

これなら出す枚数が毎年20枚位の年賀状プリントには互換インクでもいけそうでしたが、問題は印刷した写真の保存方法でした。

 

アルバムにきちんと閉まっておけば色褪せする事がなかったのですが、見える所の壁に貼ったりすると、色が直ぐにボヤけてくるのが素人目でも分かります。

 

また友人から、頻繁な目詰りを予防するなら、プリンターの使用ごとに定期的な電源オフ操作をしっかりするようにともアドバイスを貰いましたが、その点は今のところトラブルなく稼働してくれてるので、一応快適に使用できています。

 

結論としては、いつまでも思い出の写真を長持ちさせたいなら発色の耐久性に優れている純正インクのほうが使い勝手がいいでしょうし、私みたいに自分で写真を楽しみたい人には、費用が抑えられる互換インクはメリットとも言えます。

 

再び収入が安定したら純正に戻るかもしれませんが、金欠の者にとっては互換インクの存在は間違いなく助かっています。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!