EPSONのEP-775Aで互換インクが問題なく使えた

私はEPSONのEP-775Aというプリンタを持っているのですが、コンパクトでしかもWi-Fiを搭載しているのでコードレスで印刷が出来るところがとても気に入っています。写真印刷も綺麗にできるし、コピーなんかも手軽に出来るのでもう手放せない存在になってきてますね。

 

しかしEPSONのプリンタに限らず、最近のプリンタはプリンタ自体は安くてもインクがとても高いという状況になっています。そこで価格の安い互換インクなどが登場して市場を賑わせていますね。

 

私も純正インクの高さに辟易していたので、最近はずっと互換インクを使っています。コピーや、カラー印刷でも特に問題なく使えています。ただ安いというメリットがある代わりにデメリットもあります。

 

それは写真の発色が長く持たないという事です。1年ほど前に印刷した写真があるのですが、さすがに発色が落ちてきて、変色がしている部分もあります。印刷した当初は綺麗な写真だったのですが、1年も持たずに変色してしまうのは安さ故しょうがない事だろうとは思います。純正インクに比べると5分の1や6分の1ぐらいの値段で買えてしまうわけですからね…。

 

そういう点もあり、互換インクは大量印刷や、使い捨ての書類などにとても適したインクと言えるでしょう。「長く保管するものじゃないけどカラーで印刷してたまに目を通したいものがある」とか、「みんなに配る資料を大量にモノクロで印刷したい」とかそういった用途には互換インクはとても素晴らしい役目を果たしてくれるでしょう。

 

ただ、「私は写真を印刷して長期保存したい!綺麗な写真が印刷したい!」と思っている方は最初から互換インクには手を出さない方がいいと私は思います。その場合は高くても純正インクを使いましょう。それが一番安全で、しかも写真の保存も確実に出来る方法だと思いますから。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!