カラリオEP-705A互換インク高品質に拘らなければ良いと思います

プリンタをお使いの方は皆さん一様にメーカー純正インクの価格の高さには頭を悩ませていることだと思います。私もその一人で兼ねてよりインクの高さに悩んでいました。プリンタ自体は多機能化が進み、価格も手頃なのに…と。ネットで探ってみてもやはり純正はどこも高い。

 

その一方でネットには純正ではない互換インクという物が多く売り出されています。そのこと自体は以前から知っていたのですが手を出すのを恐れて純正一本やりでした。というのも互換インクの購入者レビューには「インクを認識しない」、「最初から掠れている色がある」、「ある色だけ全く出ない」や最悪なのは「プリンタが壊れた」というものが見られたからです。安いに越したことはないが「認識しない」はまだしも壊れてしまっては困るな、と。メーカー純正インクでないインクを使って万が一壊れた場合保証期間内であっても有償修理となる、とプリンタのマニュアルにも明記してありますし。

 

ということで1年の保証期間を過ぎてから互換インクを使ってみることにしました。レビュー等を参考にあまりにも安価な物(1000円未満)は避けて、純正インクの半額程度の物を買ってみました。

 

結果は「問題なく使える」でした。プリンタは壊れませんでしたし、しっかり認識もしました。そして印刷品質についても紙への黒字印刷、カラー印刷、写真印刷も(私や家族が見る分には)純正インクに見劣りしません。ですので、それ以降は同じ型番の互換インクを購入しています。

 

できればもっと安い物が良いという思いはありますが、トラブルが起きた際に自分では対処できないだろうし、購入店舗にクレームをつけるようなことはしたくないので安心して使えて純正よりもお得感がある今の物を使い続けると思います。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!