EP−803Aの互換インクで失敗しました。

プリンターでよく印刷します。写真が趣味なので撮ったものを家で印刷することが多くて、
あっという間にインクがなくなってしまいます。
いつもは純正のインクを使っていたのですが、ネットで互換インクというものがあることを知って、
値段も5分の1くらいで買えたので使ってみることにしました。
もしもこれで遜色なく使えるのならすごくお得です。インク代を気にすることなくプリントすることが出来ますのでわくわくして使いました。

 

使ってみるとちょっと発色が鮮やかでない?と思いましたが、我慢できないほどでもありません。
普通のインクよりもずっと安いので許容範囲かと思って使う事にしました。

 

ところが使い始めて2ヶ月くらい経って、プリンターが壊れてしまいました。
印刷がきれいに出来ないのです。何度印刷しても筋が出て、ヘッドをクリーニングしても良くなりません。
修理に出そうと保証書、説明書を読んでみるとなんと純正インクを使っていない場合は無償修理対象外になってしまうことがわかりました。
しかも修理でも1万円以上かかるそうで、最近はプリンターも安くなったので買い替えたほうが結局は良いという事になり、買って1年も経っていなかったのに買い替えることになりました。

 

純正インクを使わなかったからプリンターが壊れたのかどうかの証明はできませんが、万が一壊れたときにはこういうリスクがあるという事を知ったので、今は高くても純正インクを使っています。
壊れてもいいと割り切ってインクの安さを取るか、インク代は高くついてもプリンターが壊れるかもしれないリスクを避けるか、よく考えて選択しなければならないと思った出来事です。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!