カラリオ EP-302のインク

 

  EPSON カラリオ EP-302のインクが60%OFFで買える!互換インクの紹介

 

 

2009年10月に発売されたEPSON カラリオ EP-302は、エプソンのカラリオシリーズの中でA4サイズに対応する単機能モデルのインクジェットプリンターで、高品位な写真印刷を実現して人気を集めたEP-301の後継機種となるモデルです。
EP-302は、プリンター本来の機能となるパソコンとの接続を重視し、先代より培った印刷技術を踏襲しながらさらなる改良を施し、独自に開発した高速マッハヘッドと呼ばれるプリントヘッドとプリントエンジンの搭載によって、上級機種と同等の高品位印刷を実現するほか、コンパクトなボディーに装備された画像補正やDVD/BDレーベル印刷などの機能が、このプリンターの使いやすさと実用性を高めています。

 

EP-302に採用された高速マッハヘッドは、印刷時におけるインクの吐出量と吐出回数を大幅に向上させるプリントヘッドで、印刷速度を速めながら用紙にインクを効率よく噴射させることで、画質解像度5760×1440dpiを有するL判サイズの写真印刷が、1枚あたりおよそ1分29秒で仕上がります。
きれいな写真印刷を実現するインクの吐出技術では、インクのドットサイズを5段階で制御することで、表現が難しいとされる人の肌の色や微妙な色の変化にも忠実に表現することが可能となるのです。

 

きれいな写真印刷をサポートする画像補正機能においては、独自に開発したオートファインEX機能の採用によって、人物と風景に適合した画像補正をそれぞれ自動で行なったり、逆光写真や夜景写真と言った難度の高い色補正やカラーバランスなどの調整もフレキシブルに対応します。
DVD/BDのレーベル印刷ではオリジナルに富んだレーベルを作ることができ、自身で撮影した写真データやデザイン集などからお気に入りの1枚をだれでも簡単に印刷することができます。

 

EP-302では、無線LAN対応のアダプタをオプションで設置することで、ワイヤレス印刷を楽しむことができます。
無線LANを利用したワイヤレス印刷は、LANケーブルによるパソコンとEP-302の接続を省くことから、離れた場所での印刷が可能となるほか、無線LANの接続環境が整ったパソコンであれば、複数台数のパソコンユーザーによってEP-302の共有が可能となります。

 

EP-302の純正インクは、従来のマゼンタ(型番:ICM50)・シアン(型番:ICC50)・イエロー(型番:ICY50)・ブラック(型番:ICBK50)の4色と新たに採用したライトマゼンダ(型番: ICLM50)とライトシアン(型番:ICLC50)の2色を組み合わせることで、多色インクがもつ美しい色彩を表現することができ、大切な写真を色あせることなく半永久的に保存できるのです。