互換インクを使うとどんなデメリットがあるの?

品質の差

基本的には純正インクの品質以上のものはありません。
そのプリンターに最善とされて作られていますから当然ですね。
一方で互換インクは様々なメーカーから発売されています。
インクメーカーによって品質にバラつきがあるのは避けられません。
品質の良さは使ってみないと分からない場合が多いのですが、互換インクの専用サイトなどで販売している保証の付いているようなものの方が安心でしょう。
また人気のある無しも判断材料になるでしょう。
最安値の互換インクが一番売れているかというとそうでもなかったりするのです。

 

トラブル時の保証

プリンターがトラブルで修理が必要になった場合、メーカーの保証期間内であったとしても互換インクの使用が認められれば有償の修理になる可能性があります。
私は互換インクを使ってプリンターが故障したことが無いので分かりませんが、心配な方は保証期間内は純正インクで通すのもひとつの手かもしれませんね。
保証が切れていればどちらにしろ有償修理になりますね。
要は互換インクの品質を信頼出来るかどうかになると思います。
実際使っている人の口コミや、互換インクメーカーのサイトなどで確認してみるのもおすすめです。
個人的にはインクの違いで故障するようなプリンターを作っているとしたらその方が問題な気がします。

 

残量表示について

プリンターのインクがなくなりかけるとPC上でお知らせしてくれますよね。
最近の純正インクは独自のICチップなどを使ってインクの残量を表示させています。
この点は多くの互換インクではフォローすることが出来ません。
印字のかすれ具合などから判断してインクの替え時を見極める必要があります。

 

ICチップの付け替え

一部のキャノン・HP社プリンター用の互換インクでは、ICチップの付け替えを自分でする必要のあるものがあります。
単純にインクを取り替えるよりは少し手間がかかりますね。
その代わりといっては何ですが、残量表示が出来る互換インクもあります。
付け替えの作業自体はそれほど難しいことはありません。

 

メーカーを混合して使わない

デメリットというより注意点です。
純正インクも同じですが、全部のインクが同じメーカーのものだと何の問題もなくても、他社メーカーのインクを混合して使用した場合、印刷の色味が変わってしまうことがあるようです。
特に写真などを印刷される場合には気になる人もいるかと思います。
インクを替える時は全ての色を同じメーカーにする方が良いでしょう。

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!