プリンターのインク代はぼったくり?!

プリンターのインク代は何故高い?

自分でプリンターのインクを買う立場にある人ならば、誰しもが「何かインクって高くない?」と感じたことがあるでしょう。
純正インクを手にした時に漠然と感じる「原価いくらよ?」という疑問にメーカーは答えてくれることはありません。
あくまで私たちが推測するしかありませんが、プリンターインクにはインクの価値以上の価格が付けられていることは確かでしょう。
(実際同じようなものが百円ショップで売られているのですから)

 

では何故純正インクは高いのか?と考えると、行き着くのはプリンター本体の安さです。
ある程度の機能が付いた普及モデルならば、一万円を大きく切る末端価格で購入することが出来ます。
また最新の多機能タイプのプリンターでも数万円以内といった安さです。
今までの電気機器の価格相場から考えると非常にお安いお手頃価格ですよね。
実際に私の家で使用しているプリンターは、単なるデジカメのおまけに付いてきたものです。
それでも印刷はもちろんコピーやスキャナ機能まで付いています。
これもまた「原価いくらよ?」と考えてしまいますよね。

 

プリンターのビジネスモデル

ビジネスモデル?ナニソレ?
という人もいるかもしれませんが、要はどうやってその商品をより広く販売出来るか?どうやって利益を産むか?というビジネスの方法・手段のことです。
プリンターは本体を安く販売することによってユーザーを増やします。
そしてそのプリンターでは専用のインクを使うことを推奨することでインク市場も囲い込むことを目指しているのです。
さらに本体を安く売った分、インク代で利益を得るようにしている、ということなのです。
そのやり方の是非はともかく、そういったビジネスモデルが定着してしまっているのです。

 

もちろん本体価格を高くして、インクは各社に互換性を持たせるというビジネスモデルも選択することが出来るでしょう。
しかし後発のメーカーがその方式で参入しようとすると、本体価格をとてつもなく高く設定しなければならなくなります。
現在の状況では不可能に近いことなのです。

 

ユーザーである私たちはインク代は高いけれどそのおかげで本体を激安で手に入れることが出来ているのです。
なので一概に「プリンターインクはぼったくり価格」などとは言えないでしょう。

 

私たちの選択肢

しかしそうは分かっても毎回インク代に高いお金を払うのは辛いです。
プリンターを買うまではインク代のことなど大して気にしてなかっただけに何となく悔しいです。
しかし私たちユーザーにも選ぶ権利があります。
純正インクを使わずとも印刷は出来るのです。
それを可能にしているのが互換インクリサイクルインク、詰替えインクといったものなのです。

 

もちろんプリンターメーカーが推奨しているものではありませんので、万一の時には保証がされなかったりします。
印刷の品質も純正以上になるようなことはないかもしれません。
それでも価格と品質を比べて選ぶのは私たちの自由なのです。
実際に現在の互換インクやリサイクルインクは純正のものと何ら変わらないほどの高品質になっています。
私たちは自分の意思でインクを選ぶことが出来るのです!

 

 

【管理人厳選】高品質互換インクが60%オフはこちら!